住友林業のこだわり

住友林業の家づくり基準をクリアする安心で快適な住まい

構造

マルチバランス構法

強靱な軸組み構造に面材の力を加えるマルチバランス構法を採用しています。

「最適構造・基礎」設計

一邸ごとに詳細な構造計算を行い、より強固な上部構造と基礎構造を実現しています。

耐震性

地震エネルギー吸収パネル

「地震エネルギー吸収パネル」が地震による建物の変形を抑え、住まいを守ります。

地震の力を抑える秘密は「高剛性・高減衰ゴム」。

「高剛性・高減衰ゴム」は、床に落としてもほとんど跳ねません。
ゴムが跳ねない理由は、運動エネルギーを熱に変換して吸収しているからです。
地震の運動エネルギーを熱エネルギーに変換するのが「高剛性・高減衰ゴム」の特性です。
地震の揺れを熱に変えて吸収することで、住まいを地震の揺れから守ります。


地震エネルギーによる建物の変形を最大70%抑えます。

従来の高い耐震構造に加え、「地震エネルギー吸収パネル」を開発。地震エネルギーによる建物の変形を一般的な筋かい工法に比べ、最大70%抑えます。さらに、繰り返しの中小地震に対しても強さを維持し、その優れた耐震性能を発揮し続けます。


地震の力を抑える秘密。それは「高剛性・高減衰ゴム」にあります。

「高剛性・高減衰ゴム」は、運動エネルギーを瞬時に熱に変換するため、ほとんど跳ね返りません。つまり、地震の揺れ(運動エネルギー)をこのゴムが熱に変えて吸収。住まいを地震の揺れから守ります。


「高剛性・高減衰ゴム」は、大きな橋や超高層ビルにも採用されています。

「高剛性・高減衰ゴム」は、13トンの荷重に耐える高い耐力があります。全国の斜張橋(しゃちょうきょう)にも採用されており、多くの車が行き来する場所でも運動エネルギーを熱に変換し、振動を吸収しています。超高層ビルにも使用されるなど耐久性にも優れています。